にがわ

意味

竹を使った昔の遊びの名前

解説

細く切った竹(1cm×20cm程度)の片面に色を塗り、数本を束にして投げたり返したりして遊んだ。主に女の子の遊び。

用例

ニガワして あぎでハジキチョ ザックした
(ニガワをしてたけど 飽きてオハジキをして お手玉をした)

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

げっぱ

意味

びり。最下位。

解説

「げっぱ」=ビリ も、北海道・東北・新潟で広く使われています。げっぱ=下端では、という意見もあるようですが、語源は分かりません。

用例

はしりばっこさ かだたんども げっぱだけ
(徒競争に参加したけど ビリだったよ)

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

旧酒田市 (飽海郡)

旧酒田市 (袖浦)

八幡

平田

松山

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

はしりばっこ

意味

かけっこ。徒競争。

解説

用例

はしりばっこさ かだたんども げっぱだけ
(徒競争に参加したけど ビリだったよ)

「酒田なつかしいろはカルタ」より

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

旧酒田市 (飽海郡)

旧酒田市 (袖浦)

用例(オーディオ)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

ふご

意味

竹・わら・縄などで網状に編み、四すみにつりひもをつけ、物を入れて運ぶ用具。ザル状の入れ物。

解説

「ふご」は漢字で書くと「畚」であり方言ではないが、今は使わないので方言として扱われている。
ちなみに大きなカゴである「もっこ」も、漢字で書くと同じ「畚」。

用例

いさばやの つるした畚(ふご)から けーり出す (乾物屋の 吊るしたカゴから 釣り銭を出す)

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (飽海郡)

用例(オーディオ)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

いさばや

意味

乾物屋、魚屋

解説

「いさば」は、もともと魚の古語だったものが地方に残って方言化したもの。いさばや=魚屋というのは全国的に見られるが、酒田では「乾物屋」の意味が強い。

用例

いさばやの つるした畚(ふご)から けーり出す (乾物屋の 吊るしたカゴから 釣り銭を出す)

「酒田なつかしいろはカルタ」より

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

用例(オーディオ)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

けーり

意味

お釣り、釣り銭

解説

用例

いさばやの つるした畚(ふご)から けーり出す
(乾物屋の 吊るしたカゴから 釣り銭を出す)

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

用例(オーディオ)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

めんだり

意味

前掛け。エプロン。

解説

前垂れ(まえだれ)が訛ったもの だと言われている。

用例

めんだりさ めっこめし つっだんね
(前掛けに めっこめしが ついているんじゃない?)

※めっこめし:芯が残って炊けているご飯

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

いだまし

意味

もったいない

解説

いたましい、いだましい とも言う

用例

いだましの こいだばとておこ うだらんね
(もったいないね これならとっておこう 捨てられないよ)

区分

気持ちや動き

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

旧酒田市 (飽海郡)

旧酒田市 (袖浦)

旧酒田市 (広野・新堀)

八幡

平田

松山

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

ばんげ

意味

解説

夕暮れから夜にかけての時間帯のことを呼びます。

用例

ばんげなたの。

区分

物の名前、呼び方

地域

旧酒田市 (酒田町・鵜渡川原)

旧酒田市 (飽海郡)

旧酒田市 (袖浦)

八幡

平田

松山

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する

ごしゃぐ

意味

怒る

解説

目上の人が目下の人を叱る、という意味合いが強い。「ごしゃぐ」は誰かに対して怒る”行為”で、「腹を立てる」「怒っている」という意味ではない。

用例

言うごときがねさげ まごどご ごしゃいだなや
(言う事を聞かないから 孫を叱ったよ)

区分

気持ちや動き

地域

旧酒田市 (袖浦)

この方言に、音声(MP3)や画像(JPG)を追加する